toggle
2019-03-11

8年

 東日本大震災から8年。

 例年の如く14時46分に

 合掌して7回

 大鐘を撞く。

 

 この日のことを忘れない。

 と誓って8年。

 

 今まで慰霊法要・慰霊行脚を

 名古屋・東北など各地で営んだ。

 

 栄の街頭で募金活動を何度もした。

 

 行政のボランティアに申し込んで

 現地で瓦礫撤去。 


 数年後には

 仮設住宅の方々の

 傾聴活動で現地入り。


 当時、忘れませんと

 被災地で誓ったものの

 たったの8年で随分と

 自分の中で風化している。


 非常に情けない思いがした。


 私に何ができたのだろうか。


 そして何ができるのだろうか。

 

 鐘を撞きながら様々な

 思いがよぎった。

 

 そんな中、

 大鐘を

 5回撞いたところで

 小学校から

 長男と次男が帰宅。

 今日は早帰りの日。

 

 残りの2回は

 一緒に撞いた。

 

 そして8年前の

 今日の日のことを

 風が強い鐘楼堂でした。

 

 学校でも震災についての

 話が今日はあったそう。

 

 そして東北の方角に向かって

 家族で合掌。

 南無妙法蓮華経とお唱えした。

 

 いつも以上に真剣な姿に

 東日本大震災の甚大さを

 感じ取っている様子。

 

 その後、

 本堂で今日は読経と唱題三昧。
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です