toggle
2020-11-05

小学生が当山に

 今日は地元の小学校から

 小学2年生の児童が2クラス60名が

 当山に来てくれました。

 本年は新型コロナで

 校外学習の受け手が少なかったようで

 いつもは20名から30名ですが

 1学年全員となりました。

 しかも時間は1時間。

 ノープランでしたが

 私の役割と歴史。

 質問コーナーで45分。

 残り10分は

 本堂・境内の拝観チームと

 鐘撞き体験チームの2班に別れました。

 ウチの長女も来ましたが

 お友達と共に

 楽しそうにしている姿も見れました。

 このように小学校から来てくれるのは

 とても嬉しいことです。

 

 いつもは事前に質問を手渡されるのですが

 今回はぶっつけ本番。

 

 『お寺ってなぜお寺って言うんですか』

 の質問にしっかり答えられず。

 お別れに

 境内で児童から

 元気一杯の御礼の言葉を

 いただきました。

 

 帰ってきた長女からは

 「お父さん真面目に話してたね」

 

 いつもはふざけていると

 言うことなのでしょうか。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です