toggle
2021-05-09

チビリンピック西尾張代表に

 AIFA第20回JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会2021

 西尾張地区大会

 チビリンピックの西尾張代表に

 アクア愛西と一宮FC Aが

 なりました⚽

 私は今日も法務で観戦できませんでしたが

 移動中に

 代表決定戦・強豪 尾西FC Aに

 まさかの前半先制の知らせ。

 信号で停車するたびにスマホを確認。

 試合終了まで無得点でいいので

 どうか失点しないでと祈るばかり。

 お檀家さんのお宅に到着して停車すると

 1対0で勝利の知らせ。

 次男にとって初の愛知県大会の切符を手に。

 

 長男所属時のアクア愛西は

 4年 愛知県ユースU10サッカー大会(現オカヤカップ)

 5年 チビリンピック

 6年 フジパンカップ U-12

    全日本 U-12サッカー選手権大会

    MUFG 県大会

 と5年生の明治安田生命カップ以外

 県大会への切符を勝ち取ってきた。

 

 

 試合に送り出す前に

 私と次男がいつものように

 銅像さまの前で祈っていると

 めずらしく長男も横に並んで共に手を合わせてくれた。

 そして、

 いつも次男のサッカーに対して

 厳しいことばかり言う長男が

 「個人の県トレ選出よりチームの県大会の方が

 喜びが大きいから頑張って結果出せ」

 と声を掛けていた。

 愛知県トレセン選考会の結果は

 選外で落ち込んでいたので

 切り替えられたように思う。

 

 去年のオカヤカップでは

 予選リーグで

 強豪 尾西FC に0対3

 代表 クレバーフットに0対4

 と力の差を見せつけられ敗退。

 このまま県大会に出られず

 アクア愛西での6年間を終えることになりそうな

 為す術なしの内容だったと聞いていた。

 

 今日の

 準決勝は尾西FC A 対 クレバーフットで

 事実上の決勝戦と言える。

 昨年から新たな仲間も移籍して来てくれて

 また、2人の選手が自身でキーパーを希望。

 準決勝は

 アクア愛西 対 津島AFC A

 スコアレスでPK戦。

 キーパーが止めて PK3-1で勝利。

 振り返ると予選から代表決定戦まで無失点。

 ベンチからも大声援。

 チームみんなで勝ち取った県大会。

 優秀選手賞もキーパーの選手。

 とは言え

 今回はアクア愛西が実力が上回ったチームだから

 勝利を掴んだのではないと思う。

 強いチームが必ず勝つとは限らない、

 スポーツの醍醐味を感じさせる大会となりました。

 

 今後は

 まぐれで勝ったなどと言われないためにも

 強豪チームに2度3度と勝って、

 あの時はやはり強いから勝ったんだねと

 言われるようなチームとなることを願っています。

 

 今日は次男から最高の母の日のプレゼント。

 私も観戦していたら嬉し涙だっただろうなぁ。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です