toggle
2016-07-12

散華に「随喜」と

 盂蘭盆施餓鬼法要でまく散華を書き上げました手(パー)
 今回は「随喜」ぴかぴか(新しい)
 法華経では18番目のお経に
 「妙法蓮華経随喜功徳品第十八」がありますひらめき

 ・『随喜功徳』
  【人の幸せや喜びを妬むのではなく
   共に喜ぶことが功徳になるということ】
  
  仏教語では
  【仏法を聴く事で喜びを得ること
   人の幸せや喜びを共に共感すること】

 人の幸せを妬まず自分の喜びとするのは
 自分の幸せへの道の第1歩目であるとも
 言えるのではないでしょうかわーい(嬉しい顔)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です