toggle
2021-01-14

若い私にとって

 先日、

 お檀家さんが満100歳で

 霊山浄土とへ往詣されました。

 大学卒業したての私は

 中村区役所駅付近の

 お檀家さんのおばあさんの

 お宅に伺うと

 その都度たくさんの質問を受けました。

 お経文の意味や日蓮聖人の御遺文について。

 当日はお答えできることが限られ、

 私にとっては来月の月回向までの

 宿題を持ち帰ることに。

 そのおばあさんはいつ伺っても

 お経を読んでいました。

 お仏壇の前のこともありましたが

 多くはベットに座り読経。

 1日に8時間ほど毎日お経を読まれ、

 適切な表現ではありませんが

 趣味のように感じられました。

 私が23歳で荒行堂へ入行した際には

 ノートに私の荒行が無事に満行できるよう

 祈願を書いてお経を○巻と記されていました。

 そのノートは残されていませんでしたが

 読み込まれたお経本と御妙判。

 またお題目(南無妙法蓮華経)と書かれた短冊が

 数えきれない枚数が残されていました。

 若き私にとってはおばあさんの

 多くの質問で鍛え上げていただき感謝しています。

 お経本と御妙判をよく見ると

 線が引いてあり、

 私が当時お答えした意味なども

 書かれていました。

 私にとって忘れられないお檀家さんが

 またひとり旅立たれてしました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です