toggle
2022-05-30

写経納経253枚

 本日は本堂御宝前の清掃。

 お檀家さんは気が付かない程度ですが

 片付けもしました。

 

 また20代の頃には写経会を定期的に開催。

 また個別にも写経体験を依頼に応じて致しました。

 その結果、254枚の写経用紙が納経されて

 祈願や供養の為書きを見返して

 総祈願と総供養を致しました。

 この機会に納経された写経用紙を

 お焚き上げすることと致します。

 

 写経された方のお名前を1枚1枚見返すと

 安産祈願で遠方から何度も参加された方、

 病気平癒を願い、ご家族と共に写経された方々。

 ご先祖さまの供養、水子さんの御供養。

 試験の合格を願われた方。

 さまざまその当時のことを思い出します。

 あの時の出会いが今にも生きています。

 それでも多くの方々はそれ以来会えていません。

 寂しい感じもしますが、

 読経教室と写経会は継続して開催することで

 若くて時間にも余裕がある時に

 多くの方と出会い、仏法を説くことができた。

 

 今ならば異なった伝え方をするだろうなぁとも

 思ったりしますが、

 情熱だけは持ち続けていたように思います。

 

 写経会で出会った方のご多幸を

 再度お祈りもうし仕上げます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。